モバイルオーダーと夜間の“無人レジ体験” ストライプインターナショナルの「hotel koe tokyo」が渋谷に出現

2018.02.09

テクノロジー

2018年の2月9日、東京・渋谷に新たなシンボルが現れた。株式会社ストライプインターナショナルが展開するライフスタイルブランド「koe(コエ)」による、ホテル併設の“体験型”店舗「hotel koe tokyo」だ。

ブランドコンセプトを体現する3つのフロア

「hotel koe tokyo」は3つのフロアで構成される。1Fで来店者を出迎えるのは、ブレッド&ダイニング「koe lobby(コエ ロビー)」と音楽イベントなどを開催できるイベントスペース「koe space(コエ スペース)。「koe lobby」では、パン屋、カフェ、洋食屋、居酒屋、ラーメン屋という日本の食文化を象徴する5つのジャンルを提供する。

1F「koe lobby」ではモバイルオーダーを導入

注目したいのはパンメニュー。とくに、代官山の人気フレンチレストラン「Ata(アタ)」の掛川哲司シェフがプロデュースするふわふわのフレンチトーストは必食だ。

そして、このフレンチトーストは、スマートフォンから事前注文&キャッシュレス決済が可能。株式会社Showcase Gigが提供するモバイルオーダーシステム「O:der(オーダー)」を導入したことで、忙しい朝や行列のできるランチタイムでも、最小限の待ち時間で商品の提供を可能にしている。行列に並ぶのが苦手な人は、ぜひ利用したいサービスだ。

2F「koe渋谷店」は、夜間は“無人店舗”に

2Fに構えるのはアパレル・雑貨ショップ「koe渋谷店」。koeのメンズ・ウィメンズ商品のほかオリジナル雑貨も多数ラインナップする。特筆すべきは、「スマートレジ」だ。「koe渋谷店」では、21時から23時の間は“無人店舗”となり、客はすべてセルフで会計と袋詰めを行う。会計はクレジットカードのみ対応で現金は使えない(Apple Payや各電子マネーも随時対応予定)。

無人となると、セキュリティ面が不安になるが、ストライプインターナショナルによると、当面は各所に設置した防犯カメラと商品についたICタグと連動したセンサーを1F入り口に設置することで対処するという。

3Fホテルフロアは異空間を演出

“渋谷的”なカルチャーを表現する1~2Fと大きく趣を異にするのが、3Fのホテルフロアだ。「茶室」をデザインコンセプトにしたというホテルは、クールな和モダン感じさせるシックな雰囲気が特徴。華美な装飾を削ぎ落とし、シンプルかつ上質な異空間に仕上がっている。

渋谷の“カオス”を体験する場所に

koeのブランドコンセプトは、「new basic for new culture」。様々な人が集まるカルチャーの発信地・渋谷に現れた「hotel koe tokyo」は、まさにそのコンセプトを体現する施設と言えそうだ。

「渋谷は、IT、ファッション、食など様々な文化を呑み込んで変化を続け、国内外への情報拠点になっている、日本を代表する“カオス”な街です。モバイルオーダーや無人店舗など、デジタルテクノロジーを軸にした、ある意味“カオス”なエンターテインメント体験をとおして、ここから“新しい感動”を提供していきたいですね(「koe lobby」責任者・源城篤志氏)」

 

koeでは、今後も当施設でのあらゆるコンテンツをとおしてブランドの世界観を表現し、新しいアパレルショップのあり方を提案していくという。これからの展開にも要注目だ。

>>hotel koe tokyo
>>モバイルオーダーシステム「O:der(オーダー)」

 

導入をお考えのお客様へ

まずはお気軽にご相談ください。専⾨スタッフが丁寧にサポートいたします!

お問い合わせはこちら

お電話はこちらから

03-5860-6511

(受付時間:平日10:00〜19:00)